« 昔欲しかったスピーカーについて | トップページ | 元部下,同職位に »

2006/04/09

RE: 映画「ミリオンダラー・ベイビー」

この映画を観たのは,少し前になる.本当は映画館で観たかったのだが,時間が無くて断念した.妻は映画館で観たと思う.すごく良かったが感想であった.俺はクリントイーストウッドやロバートレッドフォード監督の映画は良く観るほうではないかと思う.出演作より観ていると思う.

イーストウッドは、言うまでもなく、女性ボクサー、ヒラリー・スワン、元ボクサーで今は障害者のモーガン・フリーマンの迫力がすごい。

http://musicossan.cocolog-nifty.com/blog/

これについては激しく同意する.ヒラリースワンという名前が憶えていなかった.

人生を重ねた、老いた者。これから人生を切り開こうとする若い者。

両者の人生を、ボクシングという過酷な、状況のなかで見事に描ききった

彼女は若い女性として描かれていなかったように憶えているのだが,間違えているかな.イーストウッドは,何度も彼女の年齢で断ったように思う.でも熱意に負けてボクシングを教えてしまった.教えてしまったので最後まで責任を取ってしまった.始めから教えなければ良かったのにと次に観ることがあれば思うだろう.

映画自体は,とても面白かった.クリントイーストウッドは背景も重ねて良い老トレーナーだった.娘が最後まで出なかったな.モーガンフリーマンは”ドライビングミスデイジー”以上の熱演を見ることはないだろうと思うが,良いですねー.

謎がある.この女性ボクサーは描ききれているかということだ.もし描ききれているならクリントイーストウッドは名監督だろう.彼女の背景から見て彼女の純粋さを感じ取り,ボクシング後はクリントイーストウッドに純粋に死を訴えていることだ.

彼女は純粋だったろうか.彼女の家族を描いたことにより彼女の孤独は描いたはずだ.でも彼女の心の内面を描かなかったではないかと思う.でもボクサー時代を終えてからの彼女の言葉はどうだっただろう.それまでの彼女とはギャップがあった.本当に純粋にボクサーを目指しているいうことを描きたかったなら,俺はそのように受け取れなかったな.

« 昔欲しかったスピーカーについて | トップページ | 元部下,同職位に »

コメント

そうか、彼女が若く見えるのは、おっさんよりもかなり若いからなんです。
それから、”ドライビングミスデイジー”・・・まだ見てないので、是非観てみますね。

コメントサンキ.
うん.彼女は俺よりも若い.老トレーナーとの対比でまた若く感じる.かわいいよね.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RE: 映画「ミリオンダラー・ベイビー」:

« 昔欲しかったスピーカーについて | トップページ | 元部下,同職位に »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

アクセサリ

  • 日本ブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
  • エスエス製薬
  • ケイコとマナブ.net
  • ヤマハミュージックレッスンオンライン
  • 石橋楽器店
  • ValuMore
  • ベクターPCショップ
  • ソフマップ
  • ブログランキング
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
  • アクセストレード
    広告貼るならアクセストレード!

無料ブログはココログ
フォト