« 痛かった? | トップページ | 情報処理よりCPUか »

2006/06/28

自己紹介じゃないけど情報処理

観点でコメントをくれて,少し強引に結果に持っていた話を,突っ込まれた.さすがだ.

で,俺は人をパソコンに例えて話すことが多い.特にうつ病の説明を他人にする時に.

CPUは脳だ.Z80か68系かインテルかはあまり意味が無いが,ある程度の年齢の区分けにはなる.まー関係ない.ただトランジスタはシナプスにつながるかな.

情報処理を学ぶ人は多いのかな.俺の場合は,工業高校電気科を卒業して,プログラマーになった友人に転職に誘われてた.情報処理技術者になれば当時の倍以上の月収を稼げた.結果初級シスアドになれたけど,プログラムは駄目だった.転職失敗.

人は情報を処理する.入力と出力.保存.演算.プログラムは誰が書くんだろう.DNA?それもありだが,今回はハズレ.親と周囲.それはある.生い立ちとかだろう.テレビのニュースはそういうのが好きだ.プログラムもいろいろあって保存されているから.

出力が犯罪ならニュースになるだけ.でも病気なら.

俺はテレビのニュースが嫌いだ.一つの情報処理.一つのプログラム.その観点でたくさんの人に伝える.

うつ病の人の脳の働きを説明している書籍はある.紹介するまでも無いだろう.大きい本屋ならたくさんあり過ぎる.”認知の歪み”もそうだね.ネットで検索もしていないが,今日の記事ではその方がよい.

入力から出力までの間に,多くの情報処理がある.IF文が多くある.IF文の分岐は人それぞれ.健康な人のほうが分岐は少ないんじゃないかな.保存されているプログラムは少なく美しく複雑でない.病気な人のほうが複雑だろう.

俺の場合は,病気というフォルダが大きい.うつのフォルダも多い.

俺の出力を健康と取る人が多いのは多い.面白いというのも多い.他人にプログラムを説明できないからね.結果だけを,出力だけを,他人が評価する.

妻も子供も親も同僚も上司も.周囲とかけ離れて社会的に問題が無いなら.

最後に医者が正しいとは俺は思っていない.ただ,社会的にずれないようなプログラムを薬としてくれる.これが大事であり,このプログラムに頼っているんだ.

« 痛かった? | トップページ | 情報処理よりCPUか »

コメント

 人をパソコンに例える――面白い考え方ですね。初めて聞きました。たしかにプログラムを書くのに影響を与えてるのは、周囲の評価や経験(=生い立ち)などでしょうね。そういうユニークな見方ができるのはHAWK2700さんの柔軟なところだと思います。
 ただ、それをもとに、実際にプログラミングしているのは、やはり自分自身だという気がします。

 先日のコメントでも感じたのですが、ぼくとHAWK2700さんの考え方で大きく違っているのは、鬱病のひとの観点・視点・選択の数・種類ですね。
 鬱病の人は、普通の人より観点が少なく、一方的な見方をしがちで、それが「全か無か」とか「レッテル貼り」、「決めつけ」などの極端な考え方に発展している例が非常に多いです。これは多くの臨床データでも裏付けられていて、たいていの鬱病の本でもそのように書かれています。ぼくも経験上、同じ考えで、自分自身もそうだし、まわりの鬱仲間を見ていても感じます。そう言う意味で、HAWK2700さんの仰るIF分岐は、一般には健康な人より鬱病の人のほうが少ない、それも極端に少ないと思っています。(もちろん、個人差はあるし、しかもそれは大きいです。一般論です)

 例えば、実際にプログラミングをしていて、エラーが出ます。どうやってもエラーを吐く。あの手この手を試しても、結局、終業時までにバグを取れなかったとします。
 こう言うとき、健康な人は、「原因は他にあって、引数をポインタで渡したつもりが、渡ってないんじゃないか?明日はそこをチェックだ」とか「エラーの中にSyntax errorが混じってた。もしかしたら、うっかりキーに触って、ソースのどこかに余計なコンマが入っちゃってるんじゃないか」とか色々考えます。
 これに対し、鬱の人にありがちなのは、「おれがプログラムを書くと、どんな時もこれだ、おれはプログラマーには向いていないんだ」と短絡的に極端な結論を導いたりします。他の可能性を考えることができないんです。

 ぼくが、鬱病の人は観点が少ないのが一般的と書いたのは、こういうような例があまりにも多いからです。とくに同意を求めるつもりはありませんが、考え方をご理解いただけましたでしょうか? 真意が伝わると幸いです。


コメントサンキ.いつもありがとう.
俺の同僚でうつの人はその通りだ.
周囲から評価を受けないと,人の存在を意識できない.自分は駄目だと思う.誰からも相手にされないと言う.
でも,俺がうつと長い間,闘病生活を送っているので,同意を求められる.何に同意を求められるかはその時次第だが,何でも同意できる.ただ笑っていられる俺は不思議だと言う.
だって,長く付き合ってるし,薬も飲んでる.俺は早期発見で早期治療の闘病者だもん.と答えている.
たぶん,感性は同意できるが,行動は違っているということだろう.
俺の場合は,他人より多くの病気を知っているからかもしれない.でも,健康になったことが無いので健康な人は難しいな.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己紹介じゃないけど情報処理:

« 痛かった? | トップページ | 情報処理よりCPUか »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アクセサリ

  • 日本ブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
  • エスエス製薬
  • ケイコとマナブ.net
  • ヤマハミュージックレッスンオンライン
  • 石橋楽器店
  • ValuMore
  • ベクターPCショップ
  • ソフマップ
  • ブログランキング
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
  • アクセストレード
    広告貼るならアクセストレード!

無料ブログはココログ
フォト