« 絶対領域 | トップページ | ダイヤモンドとパール »

2006/09/27

キャッチボール

小学4年生の子供とよくキャッチボールをする.

俺が子供の頃は喘息がひどかったのと,父親はスポーツが得意ではなく疲れていたので,父親とキャッチボールをしたという経験は無い.

俺が4年生の半ばで養護学校へ転入した.そこではソフトボールとサッカーが中心だった.喘息の療養所だけれど,子供たちは球技のチームスポーツが好きだから.俺はサッカーは出切るのだけれど,ソフトボールは初心者だった.

年齢が近いもの同士でキャッチボールをする.から始まり.ノックを受けるのと打撃練習.俺は中3までいた.ずっとチームの中心ではなかった.俺がしていたのは,打撃練習の投手とノックの捕手.それに1塁手のカバー.俺はあまり期待されていなかったのと,裏方を自主的にしていたのだろう.俺は上手ではなかった.年下の方が上手だった.

たぶん中1でチームの補欠に入ったはず.チームは学校の違う寮生のチームや学校の先生のチームと戦う.俺は寮内であれば投手をする.守備が下手なものは外野手か投手という決まりだから.でも対外試合だと右翼手.一塁のカバーをしつこく言われたのを憶えている.3塁に投げる.指示があればホーム.ライトゴロはいけない.1塁手がエラーをすれば2塁はあきらめること.

打つのも得意ではなかった.目が悪いのでボールとタイミングが合わない.ある日先輩が俺を指導した.バットは立ててはいけない.上から叩くというスイング.これがなぜか大当たりだったという話を後に聞いた.俺のスイングは早くライナー性の当たりだそうだ.実際投手殺しとか言われたことがあった.俺の基本がセンター返しにあるそうだ.普通は引っ張るからレフトのはずだけれど,練習していないのが幸いだったそうで,素振りとかは参加していたからスイングは早かったそうだ.ボールを打つのは慣れていなかったので,教えると思ったとおりに出来たのも驚かれたそうだ.

中2だけ試合に出た.8番ライトでスタメン.当時は先生のチームと対戦.俺の担任が寮まで迎えに来た.俺が出るのを聞くと驚かれたが,先輩は秘密兵器だからとの事.ボールを打ってはいけない.叩くこと.1塁手のカバーはいつものこと.たぶん1点差で負けていて最終回の最初の打者.言われたとおりに2遊間のヒット.次の打者はヒットか四球か忘れたけれど俺は2塁まで行って次の打者の内野ゴロで3塁アウト.1死1塁2塁から逆転をして試合に勝った.

高校でも体育でソフトボールをした.俺は投手をした.落ちるボールとシュートは中学の時に教えてもらった.速球の投げ方も教えてもらってるから.社会人は軟式だった.俺は右翼手になった.カバーを忘れないのでほめてもらった事もある.会社に入ってからは一度も試合に出なかった.

中3の時のソフトボールで当時の同級生ともう引退しようと言ったのが忘れられない.中3は次の世代の者.試合は裏方.会社に入っても人数が足りなければ参加だけれど,その頃はまだ喘息も今よりひどかったので,試合には出ないよと言っていたのだった.

ただ,子供とキャッチボールはするよ.ノックもしてあげたこともある.俺は俺の父親とは違うんだ.

« 絶対領域 | トップページ | ダイヤモンドとパール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャッチボール:

« 絶対領域 | トップページ | ダイヤモンドとパール »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

アクセサリ

  • 日本ブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
  • エスエス製薬
  • ケイコとマナブ.net
  • ヤマハミュージックレッスンオンライン
  • 石橋楽器店
  • ValuMore
  • ベクターPCショップ
  • ソフマップ
  • ブログランキング
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
  • アクセストレード
    広告貼るならアクセストレード!

無料ブログはココログ
フォト