« お皿に残った一個,食べるぜ | トップページ | テレビを買おう »

2010/08/08

論語と算盤

なんていうのか.よく分からないネタだ.

まー.最近読んだ本で.これはお勧めという感じですね.

この本は,昔からあるようなんですけれど,今は幕末ブームだから,こういう本を出すと売れるんじゃないかな.

渋沢栄一先生ですね.明治時代に活躍したそうです.

そうだねー.面白い物ではないかも知れないね.

ただ,社会人になる人はこういうのは読んで置いた方がいい気はする

今の世の中とか,お金持ちとか,政治家か経済人とか,語る前に思う前に,読んで置いた方がいい気はするなー.

明治時代の人って,志が高いよね.

そういうのってすごいと思う.

もう一つあげてよかったら,大野耐一先生のトヨタ生産方式.

工場や製造業以外の人も,彼の志というのを感じて欲しいと思う.

ブログネタ: 「これだけは読んでおけ!」と思う本は?参加数拍手

« お皿に残った一個,食べるぜ | トップページ | テレビを買おう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論語と算盤:

« お皿に残った一個,食べるぜ | トップページ | テレビを買おう »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

アクセサリ

  • 日本ブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
  • エスエス製薬
  • ケイコとマナブ.net
  • ヤマハミュージックレッスンオンライン
  • 石橋楽器店
  • ValuMore
  • ベクターPCショップ
  • ソフマップ
  • ブログランキング
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
  • アクセストレード
    広告貼るならアクセストレード!

無料ブログはココログ
フォト